ライフハックプラス

Read Article

あ、あかん。。。中国天津市爆発事故、死者が104人に上り、現場は猛毒のシアン化ナトリウムが漏れる事態に。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

中国天津市の爆発事故に2次災害の恐れが出てきました。猛毒の有害物質が現場に漏れており、ガスマスク着用になってしまっています。どうなってしまうんだろう。。。

ライフハックプラスlifehackplus中国天津爆発新華社

photo by 新華社=共同

中国天津市で12日に起きた大規模爆発で、市当局は15日、爆発現場に保管されていた化学物質の中に猛毒のシアン化ナトリウムが含まれていたと明らかにした。中国メディアは、物質が現場周辺に流出、当局が救援作業に当たる部隊などに対し、爆発現場の半径3キロ以内から緊急避難するよう命じたと報じた。有害物質を処理するためとみられる。

 国営通信の新華社(英語版)は15日、死者数が104人に上ったと報じた。市当局によると、722人が入院中で、うち58人が重体。原因究明の進展状況や事故の責任の所在は不明確なままで、爆発で自宅を失った被害者からは先行きを不安視する声が上がっている。(共同)

via.産経ニュース

シアン化ナトリウムとは?

シアン化ナトリウムとは、青酸ナトリウム、青酸ソーダ、青化ソーダとも呼ばれ、よく漫画のコナンに出てくる青酸カリ(シアン化カリウム)に似た猛毒物質です。

成人に対する致死量は、200~300mgと言われています。

天津市で漏れた量はどれくらい??

報道によると、現場に漏れたシアン化ナトリウムは700tと言われています。

この700t人間の致死量に換算すると、700t=700,000㎏=700,000,000gなので、

・・

・・・

・・・・・23~35億人相当です。。。

地球の人口の半分近くの相当ですね。恐ろしい中国。。。

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top