ライフハックプラス

Read Article

永井一正氏が佐野氏を擁護!「当初案からパーツを動かすなど修正した」

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

2020年東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、アートディレクター佐野研二郎さんの案を選んだ審査委員の代表、永井一正さん(86)が、現在公表されているものは応募案を一部修正したものだと明かした。騒動後、永井さんが取材に応じるのは初めてで、「ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった」と述べた。

via.朝日新聞

そんな言い訳のような擁護は通じませんよね?本当に当初案がベルギーのロゴに似てなかったのであれば、佐野研二郎氏が最初の会見を開いた時にその旨を話せばよかったわけじゃないですか?それをせず、かつ永井一正氏が当初案を見せずに似てなかったと話をしても全く説得性ありませんw

ちなみに永井一正氏の息子は株式会社博報堂デザインの代表取締役社長の永井一史氏。

1

photo by dqnplus

本当に取り巻きの気持ち悪い擁護集団ですねw

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top