ライフハックプラス

Read Article

鬼怒川氾濫!50年に1度の大雨特別警報。栃木茨城の人たち気を付けて!!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

国土交通省が茨城県常総市を流れる鬼怒川で堤防から水があふれているのを確認し氾濫したと発表しました。

鬼怒川は夜中から既に氾濫寸前でした。

090000

氾濫していない状態でも、既に家の屋根より水面が高くて怖いですね。。。

今、大雨特別警報が発令されています。

大雨特別警報とは?

平成25年8月30日から「特別警報」の運用を気象庁が開始しています。

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていましたが、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けるものです。

特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

本来、警報が特別警報にあたるものだったのですが、警報に国民が慣れすぎてしまい、警報が出ても避難せず、命を落とす事例が出てきたため、警報より上の特別警報を設定したものです。
特別警報のイメージ図

ネット上の鬼怒川の画像

鬼怒川以外の田川、大谷川も氾濫寸前で危ないみたいです。興味本位で外に出ないようにしてくださいね。道路と側溝の境がわからなくくなっていますし、マンホールのふたも外れている恐れがあります。

おまけ

fc9ae1bf42917e712f1d76ed5a154255c838c50a1441816421

今回の話とは違いますが、本当にこういった行為は命の危険も伴うし、救助の仕事を増やすばかりですからやめましょう。勢いよく突っ込みすぎてナンバープレートとれてるしw

鬼怒川以外の利根川水系の様子はこちらから↓

9月11日に宮城県渋井川の堤防が決壊しました。その様子はこちらから↓

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top