ライフハックプラス

Read Article

「刃物の街」岐阜県関市のPR動画がシュール過ぎるwww

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

岐阜県関市は包丁など刃物で全国的に有名ですが、中々シュールな公式動画が公開されましたw

岐阜県関市が、「日本一の刃物のまち」であることの認知拡大を目的にPR動画を制作した。刃物が存在しない虚構の世界が舞台となっており、チョップで野菜を切ろうとする主婦、髪を口で噛み切ろうとする美容師、爪が伸びっぱなしのアイドルが握手会をする様子など、シュールすぎる映像となっている。

 同動画は、生活に欠かせない5つの刃物(包丁・カミソリ・ 理髪用刃物・爪切り・ウェディングナイフ)が無い各シーンで、苦心する人々が描かれているのだが、そのどれもが強烈なインパクトを残している。チョップで野菜を切ろうとするお母さん、ガムテープを使ってヒゲを抜く中年男性、お客さんの髪を歯で噛みちぎる美容師、握手会で伸びすぎた爪がファンに刺さってしまうアイドル・仮面女子、初めての共同作業としてケーキ“入拳”する新郎新婦などなど…。

 関市・経済部・観光交流課制作者によると、刃物が無ければ人はどれだけ困るかを映像で直感的に伝えるため、あえてラストまで登場させない「ハナシ(刃無し)」ムービーにしたという。ラストでは各シーンにおいて“切っても切れない”関係の刃物が表れて、何の刃物が無いために登場人物たちが奇妙な行動をとっていたのか分かる展開となっている。

 関市は、イギリスのシェフィールド・ドイツのゾーリンゲンと並び、英語表記の頭文字を取って「刃物の3S」と呼ばれる世界有数の刃物工業都市。刃物は時に危険な存在にもなるが、今回の動画を見れば人間社会においてどれだけ必要不可欠であるかは一目瞭然といえるだろう。

via.ORICON

関市PR動画「もしものハナシ」・・・「はものはナシ」

ちょっと自治体が制作するには賛否両輪が起きそうな尖った動画ですw

10月1日日テレ「スッキリ」でも特集されました。

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top