ライフハックプラス

Read Article

さすが有吉弘行w元ホステスの過去が発覚した日テレの新人笹崎里菜アナに「はれもの」とアダ名を付け称賛の嵐www

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

さすが有吉さん、ベッキーへのあだ名「元気の押し売り」も衝撃でしたが、今回もさすがのあだ名をつけてくれました。

10月4日に放送の日テレ「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No1決定戦4時間SP」で、有吉弘行さんが、日テレの新人の笹崎里菜アナに「はれもの」というアダ名をつけました。

nittere

笹崎里菜アナは元ホステスの過去が発覚して、内定取り消し→訴訟の末に入社した新人アナです。

日テレにとっては、内定取り消し→訴訟を起こしてくるという究極の「はれもの」。


「はれもの」とは?

はれものは漢字で書くと、腫れ物。意味は吹き出物などで肌が腫れた場所のこと。使い方として、「腫れ物に触れる」、「腫れ物扱い」と使います。

腫れ物に触れるって言うと、恐る恐る気を使って接するという意味になります。

ツイッターでの「はれもの」というあだ名に称賛の嵐ww


 

日テレ・笹崎アナに女性スタッフから不満の声か

日本テレビの笹崎里菜アナウンサーに、良からぬ評判が上がっているとか。特に制作会社の女性スタッフから「同性には冷たい」「言うことをきかない」などの不満が出ているといいます。

日テレ・笹崎里菜アナ 「同性に冷たい」「天狗になった」の良からぬ声

東スポ

「まさに腫れ物にでも触るような扱いですよ」と関係者。注意されるのが大嫌いとされる笹崎アナに、何か言ったら「訴えてやる」と言われかねない雰囲気なのだそう。

日テレ・笹崎里菜アナ 「同性に冷たい」「天狗になった」の良からぬ声

東スポ

こんなうわさも出てきていますし、今後どんな展開が待っているか楽しみですねw

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top